版画/ジークレー

ジークレーはデジタル・リトグラフともいわれ、最新のコンピュータ技術を使った版画技法です。
フランス語で「インクの吹き付け」を意味し、スクリーンを使用せずダイレクトにインクを版画紙やキャンバスに吹き付ける技法で、原画をコンピュータで解析し厳密に測定した上で、秒間400万以上ミクロ粒子のジェット噴射を行います。色彩は512色のインクの混合によって7万色以上もの微妙な発色が可能で、作画の精密さ色調の幅ともに従来の版画複製技法の限界を凌駕しています。