地域産業活性化プログラム

《美術・デザインによる持続循環社会構築への試み 》
二十一世紀は、これまでの大量生産、大量消費、大量廃棄の社会を見直して、環境と共生する持続可能な循環型社会を形成することが求められています。このため、廃棄物の排出を抑え、また排出しても資源として最大限に活用し、どうしても活用できないものは、安全、安心な処理を行うことで、環境への負荷をできるだけ少なくすることが必要となっています。
このような社会的背景に対して、美術・デザインに携わるものとして、どのような解決の可能性があるのでしょうか。
様々な解決方法を模索する地方自治体や、企業から提供された「端材」を、もう一度素材として位置づけ、様々な実験の結果生み出された表現の紹介です。

未来の想い出/A memory of the future

2000.
Updated 2000/2/11

千石ミガキのレリーフ。
第1回全国漆喰鏝絵コンクール入選作品。 

未来の想い出/A memory of the future

ソムニウム/Somnivm

2000.
Updated 2000/2/11

2000. 青山ギャラリーエス Futurlab展出展作品。

ソムニウム/Somnivm