450 × 600シリーズ(1)

2006.06

sengoku-morinobata

森のバター(もりのばたー)
森の家にすまい、森の実りを食し、森の掟にしたがって生きる、森の人。


sengoku-hisui

翡翠形の入口へ(ひすいけいのいりぐちへ)
「襲いかかるような原生の森をかきわけて、突然、目に飛び込んできたモノはまぎれもなく、我々が探し求めていたあの遺跡の一部でした。」


sengoku-ginsabi

銀錆(ぎんさび)
銀につく錆は非常にうすく、そして錆を放っておいても腐食は進みません。したがって少し磨くだけで、銀はその輝きを再び取り戻すのです。


sengoku-quetzal-yo

ケツァル(けつぁる-よう)
稲妻の舌をもつ極楽鳥が暁の空に昇ると、おびただしい数の星々は消えてしまう。


sengoku-quetzal-tsuki

ケツァル(けつぁる-げつ)
400人の息子たちの要求と4日間の戒めの後に再び暁となり。