スカラベ チェア+スクリーンシリーズ 1/Scarab chair + screen #1

2002. 東京デザイナーズブロック2002など(青山)

02e3838ce382ade59e8be98086e585891

02scarabchair2

Lasered Furniture System”Scarab” #1 レーザーファニチャシステム「スカラベ」1

ありきたりの一枚の板から、一切のムダなく椅子を作れないものか。その解決技術はレーザーカットにあった。
抜き取り行為は、切りながらコゲという着色を生み出し、抜き型は美しさを与えられたことによってゴミではなくなった。
使われるものと、使われないものの関係を再認識する装置としても機能する。
コンピュータ入力による加工のため、形、大きさなどの様々なヴァリエイションができ、同形体の反復生産も可能。

タイトル「スカラベ」は古代エジプトで、再生復活の力をもつ太陽神の化身とみなされていた昆虫からとられた。
レーザーカットのパーツ配置パタンを見立て、その再生性を象徴的にこのシリーズ全体を総称する名前とした

サイズ:W900 × W900 × H2000 (mm)
素材:合板レーザーカット