スカラベ/Scarab

2002.09 東京都美術館 + 京都市美術館 第66回新制作展

02scarab

 

レーザーファニチャシステム「スカラベ」より、その製作過程を抽象化し、スクリーンとチェアを解体、再構築した作品。
「チェアー」での、使われるものと、使われないものの境界消失をさらに押し進め、両者を融合し、日常的な機能をも削ぎ落とした。
タイトル「スカラベ」は古代エジプトで、再生復活の力をもつ太陽神の化身とみなされていた昆虫からとられた。レーザーカットのパーツ配置パタンを見立て、その再生性を象徴的にこのシリーズ全体を総称する名前とした

第66回新制作展 スペースデザイン部 新作家賞受賞作品。 

サイズ:W1500 × D1200 × H1200 (mm)
素材:合板レーザーカッット