湯けむりとアート展

2011.04.30~06.28 伊香保温泉と群馬県立女子大学のコラボレーション「伊香保アートプロジェクト」(群馬県伊香保町)

11_ikao_art01

11_ikao_art03

11_ikao_art02

美学美術史学科実技教員作品展「湯けむりとアート展」

群馬県立女子大学の実技教員3名と伊香保温泉宿5件、伊香保町店舗3店のコラボから生み出されたアート作品を伊香保石段ギャラリーおよび伊香保温泉街、水沢町で展示します。

今回下山は三つの温泉旅館を担当し、新しい伊香保温泉の「芽吹き」をイメージして、各旅館や、店舗を象徴するコトバを、植物的な形体として表現しました。
千明仁泉亭のコトバは、パンフレットの中から見つけたイメージコピー、「夜毎に集う、宴の席」。
塚越屋七兵衛のコトバは、ロビーにも飾られている武者小路実篤氏の書から、「人生の旅人に幸あれ」。
ホテル木暮のコトバは、源泉番を十二支で表した当時の湯名から、「子の湯、千両」。

制作:(有)山崎製作所
素材:スチール、LED照明など
サイズ:H1800×W600×D600 (mm)

主催:伊香保アートプロジェクト実行委員会
共催:群馬県立女子大学、石段街振興会、伊香保商工会青年部、伊香保温泉旅館組合青年部
協力:あかりの宿おかべ、お好み焼き山路、ガイドの会 遊友、竹内製菓、千明仁泉亭、塚越屋七兵衛、ホテル木暮、松浦一幸 (書)、水沢うどん大澤屋、横手館、喫茶SARA、㈲山崎製作所、宇田恵